キャリアアップアカデミー Homeへ
← 2018/05 →
01 02 03 04 05
06 07 08 09 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最近の記事
カテゴリ
RSS
アーカイブ

※原則として、このサイト内(Blog含む)の文章及び写真等の無断での転載・転用は禁止しております。

Powered by xField co.

詳細表示 リスト表示 検索
モノの見方・考え方

文章ルールと世界標準

今日、修道大学ひろみらセンターから電話を戴く。
エクステンション講座の表題についての質問で、
【Dr`sカウンセラー流女大学】の表記について。

「Dr`sカウンセラー流」と「女大学」の間に【スペース】が必要なのではないかと、
会議で引っかかり、本人に問い合わせるようにとのこと・・・。
改めて聞かれると・・・ううん??え〜〜っ?どっちだ???
もう長くやっていることもあり、別段、自分の中でも違和感もなく、大学からの指摘も
入ることなくなってきたのよね。

で・・・思わずネットで検索。
小説・文章を書く時のルール:初心者向け
でも、これではわからなかった(汗)
英語を文字で書きあらわす時は、スペース(または空白)もアルファベットや
数字などと同じように大切にあつかわれます。
英文では、文章のどこにスペースを入れるかについて、一般の人から
プロフェッショナルまで、共通して守っているルールがあります。
スペックもこのルールに基づいて表記します。

1.単語と単語の間にスペースが必要
  スペースの有無で意味が変わる
  日本語は「分かち書き」しない少数派
2.数字と単位記号の間もスペースを入れる
3.スペースは必ず半角で入力する

なるほど、そう考えるとスペースはあったほうがいいわな。
そうか、社研の上級コースに行った時、当時、キャッツのアメリカ支社長をしていた
同期生が、日本語の曖昧さについて教えてくれたっけ。

ネコが魚を食べた
・・・そのネコは複数なのか、一匹なのか、
魚は一匹なのかたくさんなのか
・・・上記の情報だけでは状況が全く違ってくるよね・・・と。

単語間のスペースのように、意味のかたまりごとに空白を入れる書き方を
日本語では「分かち書き」というらしい。
この「分かち書き」をしない言語は、世界に少数であり日本語、中国語、タイ語など
ほんの少数であるらしい。

と言うことで、改めて訂正をお願したってわけ。
それにしても、自分の超感覚派ぶりに呆れてしまう。
・・・とブログを書きながら、日本語の難しさに戸惑う。
日本語の使い方を学び直さなきゃ。
それでも期にはしながらも、懲りずにブログを書くのでした。

今日もブログに来ていただきありがとうございます。

**************************
アドラー心理学講座 カスタマイズHappyレッスン
2月は10日(土) 会場は Le Reve八丁堀です。
Facebook
 [登録日] 2018年02月07日 23:30 | 固定リンク | コメント(0)
▼ コメントの投稿
名前 必須

メールアドレス
※ メールアドレスは公開されません。
URL


コメント 必須 記号挿入

※ URLは自動的にリンクされます。

画像認証 必須
(半角)
※ お手数ですが、下の画像の中にある数字を上記へ入力してください。
画像認証
 
閉じる
閉じる