午前中、個人セッション。
私たちが生きていく中で、課題は次から次へと起きて来るけれど・・・
セッションを進めながら感じたこと・・・やっぱり愛の力は凄いわ!

色々な課題は確かにあるけれど、目標のすり合わせをした時も、
ああだ、こうだ・・と横道に逸れたり、回り道もしたけれど、
最後の確認でも、クライアントが旦那様の力になりたい!愛している!
ってことでした。
その軸をクライアント自身が再確認した瞬間、
自分のやるべきことも見えてきました。
もしかして、日々の中での小さな問題の多くは、この愛の力があれば
いとも簡単に片付くんじゃなかろうかとさえ、思えるほど。

愛ってまるでお月様のようで、本当はいつでもそばにあるはずなのに、
見え隠れする。時には大きなまん丸になったり、半月になったり。
遠くに見えたり、近づいて見えたり・・・。
雨にけむってしまったり、雲に隠されてしまったり・・・。
まるで私たちの人生のように。

ここ・・・しっかりいいコミュニケーションが取れていたら、
子どものこと、親や親戚縁者とのこと、ご近所さんとのこと、
乗り越えれそうです。
もちろんそんな簡単にいかないことも盛りだくさんだけど。
何だかあったかい気持ちになって帰りました。

アドラー心理学では、私たちが人生の中で出会う様々な課題を
「ライフタスク」(人生の課題)と呼びます。
人である限り避けることのできない課題・・
それをどう「向き合い、克服していくのか」、それとも「恐れ逃避し、
あるいは無関心を装うのか」によって、私たちの人生は変わります。

「3つの問題が、私たち一人一人の目の前に立ちふさがる。
それらは仕事、交友、そして愛についての対処の仕方である。
そしてこの3つは、互いにリンクするものであって、偶発的なものではなく、
避けることのできない問題なのである。」ーアドラーー

 

美味しい栗きんとんを茶菓子で出して
頂きました。
旦那様のお土産だそうです。
ご馳走様です。

 

今日もブログにきて頂き
ありがとうございます。