本日4月1日、新しい元号【令和】が発表されました。皇太子さまが新天皇に即位される5月1日・・・平成から令和に改元されます。

 

 

万葉集から引用された「令和」の意味について、「人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つという意味が込められている」と語られました。そして「梅の花のように、ひとりひとりの日本人が明日への希望とともに、それぞれの花を大きく咲かせることができる、そうした日本でありたいという願いをこめ、令和に決定した」と話されていました。

 

 

「昭和」から「平成」そして、「令和」へと変わりゆく時代に生きていくことになります。初めは違和感もありましたが、何度も聞いているうちに、音の響きにも慣れてきたように思います。素敵な時代になるといいですね。

 

実は昨日、両親とお花見弁当を食べようとマンションに戻って、部屋の鍵を回した瞬間・・・
「あれ???」何とも力の入らない感覚で部屋の鍵が折れてしまいました。その後、もう一度差し込み回してみたら、部屋の鍵は開いて何とか部屋に入ることはできて良かったのですが・・。

 

 

その後、鍵の100当番さんに電話して無事折れた鍵は取り出してもらいましたが。
その時「鍵も磨耗してきたら、折れるんですよね」・・・なるほど。金属疲労を起こす訳だわ。

 

 

思い起こせば、まだ会社勤め中に購入したマンションですから。もう20年近くここに住んでいる訳です。毎日毎日生活を共にしてきた鍵ですから。それでもなぜか、あまり凹んだりはしなかったんです! それは、新年号が明日には発表されるんだ!という意識があったからかもしれません。

 

 

新しい時代に向けて、いま一度、立ち止まって振り返り、そしてまた新たなものがたりを描いていこう!!・・・そんな風に思えたからです。まるで切り替えの合図をもらったようで笑えました。

 

 

時代の変化について研修でお話しする時、携帯電話をよく例にあげます。1980年(昭和55年)頃、携帯できないケイタイ電話、ショルダーフォンが出てきました。実際には、私は触れたことはありませんが・・・。そして1994年(平成6年)頃は、ポケベル時代、そして2010年(平成22年)スマホ全盛時代がやってきた訳です。

 

 

今や「教えてGoogle??」とスマホに向かって聞けば、答えが聞ける時代ですから。こんなことができるようになるなんて、10年前、15年前想像できたでしょうか? 10年も経てば、世の中で色んな新しいものが誕生するし、モノの見方や考え方も変化してきます。

 

 

もちろん、大事にしていきたいモノや価値観もあります。ただそこに固執し続けるのではなく、新しく生まれてくるモノや価値に、しなやかに共感できる自分でありたいと思います。理解できないことは素直に教えを請い、学んでいくことを忘れないでおこうと思います。そして、古き良き時代のことも、大事にしながら今に活かせる知恵へと変換できるよう、文脈で捉えることができるようになりたいと思います。

 

 

2019年1月に作った今年の夢マップ。まさに新しい私に出会う年となります。
4月・・・新学期や新年度を迎え繁忙の季節に入ります。明日からは新入社員研修が続きます。
さあ、顔晴れましょう!

 

今日もブログに来ていただきありがとうございます。